イエメン モカ・マタリ

 イエメンのコーヒーは急峻な山岳地(標高1,000m~3,000m)の斜面を利用した段々畑や
ワジと呼ばれる涸れ谷周辺で栽培されます。イエメンには大きな農園はありません。
各産地の零細な農民により農地に点々と栽培されているコーヒーを集荷し選別したものです。
 一般には酸味系のコーヒーに位置付けられていますが、DSKではあえて深炒りにしています。
それにより酸味が甘味に変わり、シルキーな柔らかな飲み口の苦味のカップとなります。
特徴はヨーグルトのような発酵香の独特のモカ・フレーバー。 

YEMEN  
MOCHA MATTARI
モカ・マタリ 
アル・マカ
 ★苦味  ¥ 1,400 ( \1,512 ) /200g

16世紀初めの港、モカ港(Al Makha)が名前の由来です。
欠点豆が比較的少なく焙き上がりもきれい。
柔らかな飲み口とモカ・フレーバーも秀逸。

在庫: バリエーション別の在庫状況
豆、 挽き:
数量:

産地:イエメン バニーマタル地区
標高:1,000m~2,000m
品種:在来原種 
サイズ:#15以上
精製:ナチュラル



---------------------------------------------------------------------

YEMEN   MOCHA MATTARI
モカ・マタリ  バニ・マタル

バニーマタルは原生種に近く、豆は素朴でありながら気品のある味わいを醸し出すことで知られています。
 シティ・ローストの焙煎です。
ヨーグルトのような甘酸っぱいモカ・フレーバーと柔らかな苦味とシルキーな飲み口。
個性あるモカ・コーヒーです。


産地:イエメン バニーマタル地区
標高:1,000m~3,000m
品種:在来原種 #15以上
精製:ナチュラル